翡翠麺(ほうれん草麺)の歴史・製法

◎翡翠麺(ほうれんそう麺)の歴史と特徴
当店の翡翠麺は15年前、店舗改装を機に新しいメニューを作ろうと社長
が一念発起し、試行錯誤の末開発したものです。「ヘルシーでかつおいしい」という
コンセプトで作られたこのめんは、ほうれんんそうの香りと甘みが特徴で、特に
野菜ラーメン、冷し中華にマッチするものに仕上がっています。分かりやすい例
で言えば、茶そばの中華めん版といったところでしょうか。

◎特別公開!翡翠麺ができるまで

 mm11.jpg①撹拌機に小麦粉、玉子を入れます。

mm21.jpg②かんすい、塩、水、ほうれんそうエキスを入れ撹拌します。

 mm31.jpg③混合した粉を麺機で板状に固めます。

mm41.jpg④板状にしたものを木棒に巻きつけロール状にします。

mm51.jpg⑤ロール状にしたものをさらに薄く延ばします。

 mm61.jpg⑥薄くしたものを特殊な治具に通しめん状にカットします。

mm71.jpg⑦それを適当な長さに切り、まるめて箱詰めしてできあがり。

このように当店では自家製麺を行っています。関連店舗で販売しているめん(これは
ノーマルな中華麺です。翡翠麺は当店のみ。)も当店で作り卸しているものです。
特製餃子と同様、消費サイクルが短いので常に新鮮で、保存料無使用のめんを
お客様に召し上がっていただけます。

営業日

5月営業日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



6月営業日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

※赤字が定休日です

この記事について

このページは、佐々木 俊哉が2010年1月15日 15:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コースメニュー」です。

次の記事は「珍々亭駅前店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count