ご家庭での餃子の焼き方

ご家庭での餃子の焼き方講習!

当店では焼き餃子はもちろん、生餃子のお持ち帰りもできます。

s-DSCF1119.jpg

まず、熱したフライパンにサラダオイルを少々ひきます。
(サラダオイルの代わりにラードがあればベスト。)

s-DSCF1124.jpg

 餃子を放射状に並べ、

s-DSCF1126.jpg

水を半身浴状態になるまで入れます。 このとき水が少ないと生焼けになったりしますので確実に半身浴以上になるように水をそそいで下さい。

s-DSCF1137.jpg

そして中火で蓋をして待つこと10分程度。 (水がほとんど蒸発してしまう時間が10分以下であれば火が強すぎます。10分以上になるよう火加減を調整して下さい。)

s-DSCF1135.jpg

<水がほとんどとんでしまったら少々サラダオイルをたらします。 そして火を弱火にして再び蓋をし焦げ目がつくまで1~2分待って下さい。 (焦げ方を確認するためヘラで確認しつつ焼いた方が無難でしょう。)

s-DSCF1138.jpg

焼き上がったら、ヘラで起こし、

s-DSCF1142.jpg

お皿に盛りつけます。

s-DSCF1139.jpgs-DSCF1145.jpg

ほーらフライパンでもこんなに美味しそうにできあがりました。

s-DSCF1147.jpgs-DSCF1150.jpg

どうぞ当店特製のタレでお召し上がり下さい。
お持ち帰りでももちろんタレはお付けします。
一人前からお持ち帰りでき、一人前10ヶで税込588円です。
珍々飯店、珍々亭駅前店、村国店、鯖江店で生餃子テイクアウト可能です。
是非一度おためし下さいね♪

※注意!この焼き方はあくまでも当店餃子の焼き方です。
皮の薄い他の餃子には適しませんのでご注意を。
     水が多すぎて食感が悪くなるおそれがあります。

 

営業日

5月営業日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



6月営業日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

※赤字が定休日です

この記事について

このページは、佐々木 俊哉が2010年1月15日 09:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「当店特製餃子の歴史・特長・製法」です。

次の記事は「コースメニュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count